中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」

ON AIR 10/10(月)15:00- 放送スケジュール
この番組をシェアする!

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

“中国4大女優”ジョウ・シュン×トップ俳優ウォレス・フォ他、豪華キャスト結集!
陰謀渦巻く後宮でただ一つの愛を貫き、誇り高く生きた一人の皇后の切なくも美しい人生を描く、豪華絢爛・本格宮廷愛憎劇!

願ったのは、真実の愛だけ――。


【出演】ジョウ・シュン 、ウォレス・フォ、チャン・チュンニン、ドン・ジエ

相関図

中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」 相関図

番組詳細

#19 断ち切れぬ情

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

2人の皇子を殺めたという濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着せられた如懿は貴人に降格、延禧宮に軟禁となり、如懿が犯人だと信じるばい貴人や儀貴人から、立て続けに襲われてしまう。一方、懐妊した嘉貴人は、万全を期して養心(ようしん)殿内にある居所へ移ることに。また慎刑司(しんけいし)から釈放されたあじゃくは、陛下の側(そば)仕えを経て、常在(じょうざい)に封じられる。乾隆帝は如懿の潔白を証明するため、侍女の毓瑚(いくこ)に命じ、ひそかに調査を続けるが、如懿が大勢の者から命を狙われていると知り…。

#20 冷宮送り

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

如懿が皇子を殺めたという件の真相解明は、皇太后の命によって棚上げとなった。第一皇子・永こう(えいこう)は乾隆帝に如懿の無実を訴えるが、皇帝は取り合わず、永こうの養育を純嬪(じゅんひん)に託すと言い渡す。冷宮へ送られることになった如懿は、直接、乾隆帝に本心を問いただすが、乾隆帝の苦しい胸の内を知り、覚悟を固める。海貴人(ハイきじん)と純嬪に見送られながら如懿が延禧宮を後にしたその日、昇格した慎常在(しんじょうざい)、まい嬪(まいひん)、嘉嬪(かひん)の冊封式が執り行われていた。

#21 凌霄花と銀子

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

慎常在に侮辱され冷宮の如懿に会いに行った海貴人は、侍衛の凌雲徹(りょううんてつ)に見咎められる。とっさに簪(かんざし)を差し出す如懿に凌雲徹は銀子(ぎんす)を要求、更に冷宮での暮らしも銀子次第で改善すると教えるのだった。ある日、乾隆帝は海貴人に如懿の慰めになると言い凌霄花(のうぜんかずら)の枝を託す。如懿は荒れ果てた冷宮の庭に凌霄花の枝を植え、刺繍(ししゅう)を凌雲徹に託し銀子を得るのだった。同じ頃、凌雲徹が想いを寄せる女官・衛えん婉(えいえんえん)は鍾粋(しょうすい)宮へ異動が叶い、夢への一歩を踏み出す。

#22 返り咲き

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

皇后や慧貴妃に虐げられ、雨の中で跪かされた海貴人は、冷宮にいる如懿に泣き言を言うが、如懿は他人の力を借りてでも自分の身は自分で守れと海貴人を励ます。そのあと海貴人が安華(あんか)殿で雨宿りをしていると、慧貴妃と侍女の話し声が聞こえてくる。数日後、乾隆帝が皇太后のために布団を作らせていると聞いた海貴人は、繍坊を訪れ、刺繍の色使いに悩む女官たちに助言をしていた。その様子を見た乾隆帝は彼女を寵愛(ちょうあい)するようになり…。

#23 出会いと別れ

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

嘉嬪(かひん)が産んだ第四皇子が、産まれて1カ月の祝いの日を迎えた。相次いで皇子を失った乾隆帝にとって、新たな命は悲しみを癒やす存在となっていたが、純嬪(じゅんひん)は他の皇子たちを忘れたかのようだと心配する。海貴人の提案で、純嬪が第三皇子をつれて嘉嬪に会いに行くと、居合わせた皇帝は2人の皇子を育てる純嬪をねぎらい、妃の位に昇格させる。鍾粋宮を訪れた乾隆帝は、侍女の衛えん婉と出会う。皇帝と見つめ合う衛えん婉の姿に海貴人は警戒心を抱き…。

#24 ひそかな見守り

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

ある夜、毒蛇の大群が突如現れ、如懿は腕を噛まれてしまう。駆けつけた凌雲徹が蛇を追い払い、如懿の毒を吸い出し事なきを得る。翌朝、診察に来た江与彬(こうよひん)は風湿(ふうしつ)の原因が食事にあることを突き止める。冷宮にいても命を狙われることに、如懿は暗澹(あんたん)たる気持ちになるのだった。同じ頃、毓瑚を通じて如懿をひそかに見守っていた乾隆帝もまた、如懿が危険な状況にあることを知る。そんな中、如懿の父・那爾布(ナルブ)の訃報が届くのだった。

#25 身ごもらぬ理由

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

宮中で中元節の法事が行われる中、冷宮で紙銭(しせん)を燃やしているという情報が皇太后の耳に届く。結局、燃やしていたのは紙銭ではないことが判明し、如懿(にょい)は事なきを得るが、皇太后に襲いかかった吉太嬪(きつたいひん)は死罪に処されてしまう。一方、寵愛(ちょうあい)が復活し、身ごもった海貴人(ハイきじん)は、懐妊を利用して如懿を冷宮から出す方法を考える。ある日、江与彬(こうよひん)の診察を受けていた如懿は、長年付けていた腕輪を誤って床に落とす。すると丸い薬のような物が散らばり…。

#26 止まぬ攻撃

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

重陽節の宴で皇太后は葉赫那拉意歓(エホナラいかん)に歌舞を披露させる。乾隆(けんりゅう)帝は意歓を気に入り、貴人に封じる。だが乾隆帝と妃嬪(ひひん)たちが花火を観賞している間、冷宮は火事になっていた。如懿とずい心(ずいしん)は逃げ場を失うが、間一髪で凌雲徹(りょううんてつ)に助けられる。現場へ駆けつけた乾隆帝は、憔悴しきった如懿に外套をかけてやる。一方、海貴人と江与彬は、如懿とずい心を冷宮から出すため、とある計略に打って出る。それは海貴人のおなかの子を危険にさらすものだった。

#27 冷宮を出る日

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

乾隆帝が如懿を冷宮から出そうとしているのではという噂(うわさ)が後宮に広まった。如懿に危害を加えてきた后妃たちは、何とか手を打たねばとおびえ始める。一方、その状況を察した如懿も、黙って待つのは危険だと考えていた。そんなある日、海貴人の香に辰砂(しんしゃ)が仕込まれ、更には冷宮の如懿とずい心が砒素(ひそ)の中毒で危うく死にかけるという事件が起きる。知らせを聞いた乾隆帝はすぐさま冷宮に駆けつけ、如懿の称号を戻して冷宮から出すことを決意する。

#28 寵愛(ちょうあい)の裏側

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

冷宮を出た如懿は自ら服毒したことを海貴人に打ち明ける。ところが海貴人も如懿を救おうと毒をあおっていたと言うのだった。2人は絆を深め、海貴人は生まれてくる子を如懿に育ててほしいと告げる。その後、慈寧(じねい)宮へ挨拶に訪れた如懿は、1人だけの后妃に権力が集中せぬよう皇太后より暗示される。同じ頃、慎貴人(しんきじん)は如懿が冷宮を出たことで焦燥を募らせていく。慎貴人は寵妃(ちょうひ)と見なされていながら誰にも言えぬ苦しみを抱えていたのだった。

#29 毒の贈り物

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

如懿に抜擢され、坤寧(こんねい)宮の侍衛になった凌雲徹は、花房(かぼう)で働く衛えん婉(えいえんえん)と再会する。上の者から叱責されて泣く様子に同情した凌雲徹は、仕事を手伝ってやり、別の部署へ異動できるよう如懿にお願いまでする。そんなある日、迎春の宴で后妃たちに乾隆帝から真珠の贈り物が配られる。ところが慎嬪(しんひん)に渡されたのは辰砂だった。乾隆帝は皆の前で如懿の潔白を証明すべく、毓瑚(いくこ)に追跡調査した内容を報告させ、黒幕を突き止めようとするのだが…。

#30 命懸けの出産

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

妃嬪の位を剥奪されたあじゃくは冷宮に送られるも、首を吊(つ)って自ら命を絶つ。同じ頃、皇子を出産した海貴人は、出血が止まらず昏睡状態に陥ってしまう。駆けつけた斉侍医(せいじい)のおかげで事なきを得たが、如懿は海貴人を狙った誰かが罠(わな)を仕組んだように感じていた。数日後、宮中ではあじゃくが火葬される際に奇妙な現象が起きたという噂が広まる。そしてあじゃくの三十五日忌にあたる晩、如懿の寝殿では鬼火が現れたという。それを聞いた慧貴妃(けいきひ)は…。

#31 亡霊騒動

(C)2018 New Classics International Media Limited All Rights Reserved

如懿が住む翊坤(よくこん)宮での鬼火騒動は一段落したが、今度は咸福(かんふく)宮で、慧貴妃があじゃくの亡霊が来たと言って逃げ惑うという騒ぎが起きる。しかしあじゃくの亡霊は、慧貴妃以外の者には見えていないのだった。斉侍医が薬を処方するが、慧貴妃の病は一向に好転せず、やつれていく。慧貴妃の常軌を逸した言動に、皇后と嘉嬪(かひん)は不安を募らせる。そんな折、慧貴妃を見舞った如懿は、慧貴妃の太監(たいかん)・双喜(そうき)が蛇を飼っていると知って探りを入れ始める。

中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」#32▼ジョウ・シュン *22/11/01

放送スケジュール

  • 中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」#19▼ジョウ・シュン 10/10(月) 15:00~
  • 中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」#20▼ジョウ・シュン 10/11(火) 15:00~
  • 中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」#21▼ジョウ・シュン 10/12(水) 15:00~
  • 中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」#22▼ジョウ・シュン 10/13(木) 15:00~
  • 中国ドラマ 「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」#23▼ジョウ・シュン 10/17(月) 15:00~

J:テレとは?

全国のJ:COMエリアで視聴可能な無料チャンネルです。映画、ドラマ、旅紀行、音楽、アニメなど、大人のための上質なエンタテインメントをお届けします。
J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。
※大分ケーブルテレコムのエリアではご覧いただけません。

J:COMのサービスエリアにお住まいでJ:テレをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。

J:COMチャンネル・J:テレ
公式アカウントにて最新情報を配信中!

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。