中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」

ON AIR 05/17(火)15:00- 放送スケジュール
この番組をシェアする!

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

<お知らせ>
中国ドラマの放送時間が変更になります
月~木 23:00 ⇒ 5/9(月)から 月~木 15:00
-----------------------------------------------------

清朝最盛期、陰謀渦巻く後宮で、女官から皇后へと上り詰めた型破りな女性がいた――。
どんな窮地も才知と信念で突破するヒロインに惚れる、前代未聞の“逆襲型”歴史エンターテイメント!!

清の乾隆(けんりゅう)帝の時代、瓔珞(えいらく)は、宮中で殺された姉の死の真相を突き止めるため、女官として後宮に入る。そして姉の遺品から富察(ふちゃ)皇后の弟・傅恒(ふこう)を犯人と疑い近づくが、彼にひかれていく。同時に乾隆帝から好意を寄せられ、愛憎渦巻く宮廷での波乱の人生を歩むことに・・・。

【出演】ウー・ジンイェン、チン・ラン、ニエ・ユエン、カーメイン・シェー、シュー・カイ、タン・ジュオ

番組詳細

第6話 消えた孔雀糸

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

方女官を追い詰めた瓔珞は、姉が“阿満”と呼ばれる張女官の自慢の弟子だったことを知り、張女官に遺品の玉佩(ぎょくはい)を見せる。その玉佩には“富察”の文字が刻まれていた。そんな中、皇后の誕生日が近づき、繍坊では皇后の長衣を刺繍し誕生日の品として献上することが決まる。長衣を刺繍する大役を任された瓔珞だったが、吉祥が貴重な孔雀糸を見張っている時にボヤ騒ぎが発生。火消しの間に長衣は引き裂かれ、孔雀糸は消えてしまい…。

第7話 繍坊の対決

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

皇后の誕生日当日、長衣を献上した瓔珞。しかし使われたのが孔雀糸でないことは、一目で皇后に見抜かれてしまう。瓔珞は機転を利かせてその場を切り抜けるが、祝宴が終わり一同が去った後、孔雀糸が盗まれた事実を皇后に伝える。さっそく犯人捜しが行われる中、吉祥は玲瓏の罠にはまり、罪を着せられ命を落とす。繍坊では乾隆帝の常服を担当する刺繍女官を1名選ぶことになり、瓔珞は親友を陥れた玲瓏に腕前を競い合う刺繍対決を申し込むが…。

第8話 玉佩(ぎょくはい)の持ち主

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

玲瓏に復讐を果たした瓔珞は、皇后の侍女として仕えることになり長春宮に移る。彼女は玉佩の持ち主を突き止めるため傅恒に近づくが、それが気に入らない先輩侍女の明玉(めいぎょく)は瓔珞をいびり、皇后にも悪口を吹き込む。だが大雨が降った夜、皇后は自分の大切な花壇を1人で守ろうとする瓔珞の姿を見て、すべてを察する。一方、乾隆帝は鄂善(オサン)の収賄に関連して、張廷玉(ちょうていぎょく)と鄂爾泰(オルタイ)を呼び出すと、先帝の重臣であろうとも徒党を組めば容赦しないと言い放ち…。

第9話 太監の凶行

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

身重の愉貴人は怡嬪を亡くして以来、悲しみのあまり体調が良くなかった。それを侍医から聞いた皇后は様子を見に行こうとするが、風邪が悪化すると侍女に止められ、代わりに瓔珞が遣わされる。永和(えいわ)宮に到着し、太監が愉貴人を殺そうとしているのを目撃した瓔珞は、とっさに太監を気絶させ、助けを求めて外へ飛び出す。だが狙ったように現れた高貴妃によって取り押さえられそうになったため、慌てて宮殿に逃げ込み、助かる方法を考えるが…。

第10話 必死の金策

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

瓔珞は皇后との会話を乾隆帝に聞かれ、かつて自分が霊柏を騙った女官だということが露呈してしまう。皇后が庇ってくれて事なきを得た瓔珞は、長春宮を訪れた傅恒にある仕掛けを施した手製の湯たんぽを贈り、何かを企む。一方、嫻妃(かんひ)は罪に問われた弟が獄中で重病になったことを知り、治療代のために内務府に俸禄の前借りを申し出るが断られる。仕方なく自分の装飾品を売ってもらおうと密かに太監に渡すが、そこへ高貴妃が現れて…。

第11話 だまし合い

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

御花園を散策していた皇后と愉貴人は、愛犬を連れた高貴妃一行と鉢合わせした。しかし、犬が苦手な愉貴人は恐怖のあまり倒れてしまう。愉貴人を見舞うために皇后が届けた真珠粉は、ある策略のもと、毒薬にすり替えられていた。瓔珞はそれを見破るが、犯人を油断させるため、愉貴人にはだまされたふりを続けるよう勧める。一方、長春宮には福建から貢ぎ物の茘枝(れいし)が運び込まれ、皇后は貴重な果実を振る舞おうと、乾隆帝と妃嬪を招いた茶会を開くが…。

第12話 復讐の果実

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

瓔珞は何者かの陰謀で茘枝の木が枯れたと知り、早急に策を講じる。まずは永和宮を訪ね、閉じこもる愉貴人に高貴妃らとの対峙と茶会出席を諫言する。そして皇后が茘枝の実を摘もうと待ちかねる茶会に木を運び込んだ。木を覆った布を取ると、中から高貴妃の愛犬・雪球(せつきゅう)が飛び出して大騒ぎに。乾隆帝は雪球が茘枝の実をダメにしたと思い込み、さらに愉貴人の訴えと純妃の報告を受けて御花園での騒動も知ると、高貴妃と嘉嬪(かひん)を厳罰に処したのだが…。

第13話 親と法

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

瓔珞は殺すよう命じられた雪球を密かにかくまっており、それを知った傅恒は彼女を信用する。一方、獄中の弟のことで心を痛める嫻妃は、さらに衝撃の事実を知る。父親の那爾布(ナルブ)が息子を助けるため怡(い)親王に銀子を渡し、投獄されたというのだ。だが清廉潔白を求める嫻妃は、乾隆帝に父親の命乞いをすることを拒む。親よりも法を優先しようとする娘に失望し、嫻妃の母は自害。家族を失った嫻妃に同情した皇后は、乾隆帝のもとへ請願に向かうが…。

第14話 盗まれた書

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

皇后から書道を習うことになった瓔珞は、練習で使った紙に番号を振って保管していた。だがある日、その紙が1枚だけ消えていることに気づく。そんな折、慶錫から姉の死の真相が分かったから夜更けに御花園で会おうと誘われる。瓔珞は約束どおり御花園に行くが、連れて来ていた太監たちに命じて、やって来た慶錫を袋だたきにする。そこへ怡親王が現れ、侍衛を誘惑した罪で瓔珞を慎刑司(しんけいし)へ連行しようとする。しかし、付近にいた傅恒が割って入り…。

第15話 胸に刺した匕首(ひしゅ)

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

傅恒(ふこう)が姉を殺したと疑う瓔珞(えいらく)は、傅恒の胸を刺しケガを負わせる。しかし傅恒は教練中の事故と偽り、刺された事実を公にしなかった。瓔珞は誠意を示す傅恒の無実を信じたい気持ちになり始めていた。乾隆(けんりゅう)帝の命で嫻妃(かんひ)に養育が任された第四皇子が風邪をひいた。誠心誠意世話をする嫻妃だが、皇子の容体が急変し騒ぎとなる。病状の悪化は嫻妃の世話が行き届かないせいだとして嘉貴人(かきじん)は乾隆帝に泣きつき、息子を取り戻そうとするが…。

第16話 堕ちた妃(きさき)

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

息子を取り戻す企みが露呈し、北三所(ほくさんしょ)へ送られた金答応(きんとうおう)。そこを訪れた嫻妃は、高貴妃(こうきひ)が怡(い)親王に父の賄賂を密告させたと知る。そして金答応を殺害し、自分を追い詰めた者への復讐を誓う。一方、皇后は毎晩ひどい寒気に襲われていた。すると連日、純妃(じゅんひ)を長春(ちょうしゅん)宮へ呼んで部屋にこもるようになる。それを知った高貴妃は皇后と純妃がただならぬ仲だという噂を流し、乾隆帝にある演目を見せるよう仕組む。演目を見た乾隆帝はすぐさま長春宮へと向かうが…。

第17話 母子の受難

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

出産を半月後に控えた愉貴人(ゆきじん)を、皇后は長春宮に呼び寄せて世話をすることにした。さらに暢春(ちょうしゅん)園に出かける間の留守を瓔珞に一任するが、瓔珞を無視して采配を振るったのは明玉(めいぎょく)だった。間もなく愉貴人は産気づき、苦しみの果てに無事出産するが、産婆は取り上げた赤子を見て言葉を失う。その直後、噂を聞きつけた高貴妃が長春宮に乗り込み、明玉の制止を振りきって産屋に入る。そして赤子を見るや不吉な笑みを浮かべるのだった。

第18話 涙の舞

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

乾隆帝は名医と称される葉天士(ようてんし)を召して、第五皇子を診察させる。その結果、第五皇子は金瞳(きんどう)ではないことが判明。この機会を利用し、純妃は高貴妃に皇子殺しを画策した罪を着せる。激怒した乾隆帝は、高貴妃に禁足処分を科した。高貴妃の父である高斌(こうひん)は、乾隆帝から大規模な治水工事を任される。だが高貴妃にとって高斌は、母を死に至らしめた憎むべき相手だった。高貴妃は後宮で返り咲くため、身の上話により乾隆帝の同情を引こうとして…。

第19話 決死の大芝居

(C)2018 Dongyanghuanyu Film & Television Culture Co., Ltd. All Rights Reserved

乾隆帝は皇后との約束を破り、儲秀(ちょしゅう)宮で夜を過ごした。それを知って悲しむ皇后に同情した瓔珞は、乾隆帝への怒りを傅恒にぶつけるが、逆に優しくたしなめられる。一方で玉佩(ぎょくはい)の持ち主を捜す瓔珞は、李玉から玉佩の紋についての重要な手がかりを得る。その頃、乾隆帝の体に異変が生じた。皇后の懸命の介抱もむなしく、症状はなかなか回復をみない。瓔珞は第五皇子の命を救った江南の名医・葉天士の提案で、手荒な治療を試みる。

放送スケジュール

  • 中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」第6話 05/17(火) 15:00~
  • 中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」第7話 05/18(水) 15:00~
  • 中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」第8話 05/19(木) 15:00~
  • 中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」第9話 05/23(月) 15:00~
  • 中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」第10話 05/24(火) 15:00~

(提供: NBCユニバーサル)

J:テレとは?

全国のJ:COMエリアで視聴可能な無料チャンネルです。映画、ドラマ、旅紀行、音楽、アニメなど、大人のための上質なエンタテインメントをお届けします。
J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。
※大分ケーブルテレコムのエリアではご覧いただけません。

J:COMのサービスエリアにお住まいでJ:テレをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。

J:COMチャンネル・J:テレ
公式アカウントにて最新情報を配信中!

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン
  • 録画用ハードディスク(J:COM LINK 専用)3ヵ月割引 詳しくはこちら
  • J:COM電力
  • J:COMスタート割 対象サービスご加入で
  • QUOカードプレゼント 詳しくはこちら

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国TiVo Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。